Attic

記事一覧(139)

シンガーソングライターRURIライブWith原ゆうま

前回のライブが大反響だった二人のライブは、歌声、曲、演奏どれをとっても素晴らしいものがあります。ポップスでありながら、R&Bファンやジャズファンをも虜にする素晴らしい内容になっています。是非ご予約をお勧めします。2019年1月27日19:30~/21:00~Ruri ヴォーカル ピアノ 他原ゆうま ギター(テーブルチャージ 1000 +2オーダー  ミュージックチャージ 投げ銭 各回入れ替え無し) (RURI)松村瑠璃 ニューヨークに本拠を置く日本のシンガーソングライターである。 3歳から日本舞踊をはじめ舞台芸術を学び、リズムとストーリーテリングで舞台芸術の分野を開拓し 2012年に楽曲『シーラカンス』などを制作、発表する。 翌年、バークリー音楽大学に入学、Contemporary Writing and Production学科を専攻し、ボーカルをGabrielle Goodman、Jeff Ramsey、ピアノをGoerge Russsell Jr.などに師事。作詞をPat Pattisonなどに師事する。卒業後ニューヨークに移住し、シンガーソングライターとして活動する。 2017年10月より東京に初進出、現在、東京、アメリカを舞台にボーカリスト、作詞家、作曲家として、インディーズ、メジャーの様々なアーティストの作品に関わりながら、演奏活動を行う。 唯一無二の声と、幼少期からの文学、言葉への熱意を作詞に昇華し、歌詞の光景に合わせて様々なジャンルを行き来するアーティスト。 シンガーソングライター、作詞家として、様々なミュージシャンやプロデューサーとコラボレーションすることにより、ユニークなスタイルを獲得し、心に触れるミュージシャンとして、海外においても高い評価を受け、現在に至る。


原ゆうま

神奈川県横浜市生まれ  父親の影響でギターを手にし,中学生から都内のスモールクラブのジャムセッションに通い,ギターの他ベースやドラムなど様々な楽器に親しむ。東京音楽大学付属高校への進学をきっかけに本格的に音楽を習い始め,在学中はクラシックギターを専攻。卒業後同大学へ進学。  2014年に渡米。Boston の Berklee college of music に入学。同大学の教授でありギタリストである Jeff Lockhart の誘いで老舗ジャズクラブ Wally's Cafe へ通い度々飛び入りで演奏。ギターの腕を買われ学生にも関わらず,火曜日レギュラーメンバーに迎え入れられる。  他,様々なクラブでの演奏活動と並行し多数のスタジオワークをこなす。約三年間の渡米期間中に自身の参加したCDアルバムが5枚,アナログレコードが2枚リリースされる。  Bostonでの生活を経て現在は東京にある Uplift Studio Japan を拠点に音楽制作,レコーディングをこなし日本国内に留まらずアメリカ,アジア諸国からも音楽制作依頼を受け自身のサウンドを輸出。またギターの腕を日本ポップシーンに見出されツアーギタリストとしてDEAN FUJIOKA、Little Glee Monsterに同行。  幼い時から培ったBluesフィールを基盤にR&B,Soul,Funkなどブラックミュージックに造詣が深く,Latin,Rock,Classicなど幅広い音楽スタイルに対応。近年は様々なボーカリストのプロデュースを手がけるなどアレンジャー/プロデューサーとしての手腕も発揮している。  父はギタリスト原とも也,祖父はシャープス&フラッツリーダー原信夫。


【ご予約・お問い合わせ】

Jazz Bar ATTIC(ジャズバーアティック) 03-6677-7519 東京都板橋区坂下2-14-17 www.cafeattic.net

ジャズライブ1月26日(土)下田雄人、田谷紘夢

アティックのエース下田雄人が今回ゲストに迎えるのはマツコ会議などテレビでも取り上げられ話題の若きピアニスト田谷鉱夢。アティック初出演のピアニストはどんなプレイを聞かせてくれるのか!ご期待ください。2019年1月26日(土)19:30~/21:00~下田雄人 ギター田谷紘夢 ピアノ(テーブルチャージ1000 +2オーダー ミュージックチャージ 投げ銭 各回入れ替え無し)下田 雄人 ギター


学生時代はROCKを中心に活動。高嶋宏氏に師事。05年宝塚歌劇団で演奏。12年練馬文化センター大ホールにて、下田雄人グループとして出演。ジャズ、FUNK,R&B、FUSION等ジャンルを選ばないプレイで多方面で活躍中。15年ギターリストAllen hinds(スティーヴィーワンダーのバックミュージシャン)と共演、またピアノmartin musaubachのjapan tourにも参加している。同年自己のグループで台湾ツアーなども行う注目のギターリストである。また、アレンジャー、コンポーザーとして大沢たかおのDVDにおいて、作曲/アレンジ/演奏を手掛ける。国内線JALのBGMなどにも曲を提供田谷紘夢幼い頃から親の影響でJpopに興味を持つ。

現在社交ダンスミュージカルDance with meのバックバンドとしてVoを担当。



3歳からクラシックピアノを学び小学1年生から中学3年生までコンクール出場

関西大会2位受賞経験アリ

高校は国立音楽大学附属高等学校で3年間クラシックを学ぶ。

大学から国立音楽大学ジャズ科入学。

2015年8月では結城市ジャズフェスティバルにてTOKU、中西圭三氏と共演する。



そして、大学3年で第47回山野ビックバンドコンテストでソリスト賞受賞。



小曽根真氏、塩谷哲氏、宮本貴奈氏、山下洋輔氏に師事。 【ご予約・お問い合わせ】 Jazz Bar ATTIC(ジャズバーアティック) 03-6677-7519 東京都板橋区坂下2-14-17

0歳児からOK!のジャズライブ

0歳児もOK! 騒いでもOK 小学生以下無料!のスペシャルライブです。

是非親子で参加してください。


2018年1月20日(日) 15:00/16:00ウォルフィー佐野 サックス、ギター 他 石渡雅裕 ピアノ ウォルフィー佐野ジャズミュージシャン、シンガー、ユニバーサルインプロバイザー、ミュージックコミュニケイター。 先天性の全盲、17歳の時留学先のテキサスでジャズに出会い、即興演奏の楽しさを知る。一時帰国の際鍼灸マッサージ師の国家資格を取得後、再渡米。 ボストンのバークリー音楽大学で、選考のアルトサックスのほか、ギター、パーカッション、ボイストレーニング、四季報などを学び、その後ニューヨークにて数々のセッションを経験。 サックスやギターを中心に、各種管弦楽・弦楽器・打楽器・鍵盤楽器を駆使した、ジャンルを超えたあらゆる音楽で、スタイルのとらわれない独創的な即興演奏を展開。 生涯音楽(ライフロングミュージック)を提唱し、世界中のすべての人をミュージシャンにすることが夢と語るその言葉は熱く、優しい。 趣味は誕生日占い。石渡雅裕 1989年12月27日生まれ。10歳から4年ほどクラシックピアノを習い、大学入学とともに東京理科大学モダンジャズグループに所属し、ジャズの演奏を始める。在学中よりプロ活動を開始し、都内や横浜を中心に演奏。【お問い合わせ】 ATTIC(アティック) 板橋区坂下2-14-17 03-6677-7519

ジャズライブ1月19日(土)

お正月気分もそろそろ抜けて、一番寒い季節にピリリと辛いホットなジャズをお届けです。2018年12月15日(土)
19:30~/20:30~ サックス 荒川将司 ギター 田村雄太(テーブルチャージ1000 2オーダー制 入れ替えなし、ミュージックチャージ投げ銭)荒川将司1994年に渡米し、サックス奏者としてバークリー音楽大学 入学(1994年~1997年)。 在学中にアルトサックスからテナーサックスに転向し、アンディー・マク・ギー氏、フレッド・リプシャス氏、ジョージ・ガゾン氏らに師事。 また、ボストン市および近郊でジャズギグ、セッションを重ね、同時にclub jazz bandにて活動し、 黒人ラッパー達とのセッションに影響を受け、現在、自らラッパーとしても活動。 その後、イギリスを始め、フランス、イタリアにて レコーディング、ギグ、ミュージックフェスティバルに参加(1997年)。 帰国後は、club music、Jazz、Funk、R&B、gospelなど幅広く活動を展開。 2001年、club jazz band【vento】を結成し、作曲を手がけ、数多くのライヴイベントに出演し好評を博す(2007年 解散)。 その他、メジャー/インディーズアーティスト、ゲーム、アニメソングなどのライヴ、レコーディングサポート、楽曲/編曲の提供、TVCM音源制作、企業イベント音楽企画等行う。 現在、バンド【creato】(クレアート)にて、サクソフォニスト&ヴォーカルとして、またジャズサックス奏者として都内を中心に活躍中。 その他、2015年7月より、楽天FMインターネットラジオ『Jazzin’ Soul』メインパーソナリティとしても活躍中。 2016年4月より、株式会社 石森管楽器(老舗サックス専門店)のエンドーサー契約サックスプレーヤーと成る。 田村雄太8歳よりピアノを習い、14歳よりギターをはじめる。 高校時代はロックバンドの活動に明け暮れ、 立教大学入学後は土屋秀樹氏、関根彰良氏にジャズギターを師事。 大学2年時にはバークリー音楽大学の奨学金試験に合格するも、卒業後は東京都内を中心に活動。 2008年8月には自身のポップスバンドToimachineでミニアルバム「デジタルらーめん」をリリース、 タワーレコードJ-Indiesチャート1位を獲得。(ギター、作編曲、エンジニアリングを担当。) その後はサックス奏者の荒川将司氏のクラブジャズユニットCreatoに参加。 さらにスタジオミュージシャン古川昌義氏に師事し、スタジオワークを学ぶ。 扱うジャンルはポップス、ロック、ジャズ、ブルース、ファンク、R&Bなど多様で、 声優系、演歌、歌謡曲の作編曲、演奏まで対応している。 現在はメジャー、インディーズアーティストのレコーディング、作曲、編曲、ライブサポート、ギター講師 業と精力的に活動している。 【アーティストサポート】 Elena(韓国ツアー ) Joe David、Fascinations、Yurica 、橋口智紀、ジェームス小野田(米米club).... etc. 【ギターレコーディング】 進撃の巨人~反撃の翼~online(gree)、乃木坂46主演ドラマ「初森ベマーズ(DVD版)」 あま津うに(ベストジーニスト賞/東京戦姫)、AGC38(Pony Canyon Inc.)聖川真央(日本クラウン) はるかひとみ、 平岡かなみetc. 【作曲•編曲】 「チャイムっ!」AGC38(Pony Canyon Inc.) 「斯く艶やかな華の彩」柳橋なつみ/東城日沙子(Pony Canyon Inc.)  桑原由気「ゆめいろリボン」摩天楼由香「嘘つきPoker Face」 朝日新聞•大阪芸術大学「声優シンポジウム」@大阪NHKホール劇中歌  瀬川つよし「今夜は荒模様」(日本クラウン)聖川真央「愛を信じ」(日本クラウン)... etc.

ジャズライブ1月13日山口廣和、岸本賢治

ちょっと変わったギターデュオのライブです。最近オリジナルギターが完成したという話を聞きさっそくオファーしてみた岸本のニューギターはダブルネックそして12弦ギターとクラシックギターを弾きこなす山口のデュオ二人で30本の弦をかき鳴らす、変なギターまつり!2019年1月13日(日曜日)19:30~/20:30~山口廣和岸本賢治(テーブルチャージ1000 +2オーダーミュージックチャージ 投げ銭 各回入れ替え無し)山口廣和 東京都生まれ 15歳からギターを始め高校時代、Joe Passを聴いた事をきっかけにジャズに傾倒し、独学で学び始める。大学卒業後ジャズを中心に各地で演奏活動を開始。2011年単身渡米。ニューヨークにて様々なミュージシャンと共演。現在、クラシックスタイルのアコースティックギターとコンテンポラリーなジャズギターと言うスタイルで首都圏を中心に活動中岸本賢治(きしもとよしはる) 12歳からクラシックギターを山本裕信氏に師事。 19歳で都内の音楽学校に入学し、理論、イヤートレーニング、実技作曲を水上聖氏、アンサンブルを伊谷希氏、リズムトレーニングを松野圭吾氏、ジャズギターを直居隆雄氏、ジャズアンサンブルを納浩一氏に師事。 在学中よりセッションホスト、サポート、レコーディングなど、プロ活動を開始。 卒業後は日本を代表するジャズギタリスト、井上智氏に弟子入りする。 2015年4月、映画「エイプリルフールズ」にギタリスト役で出演。 2015年度浅草ジャズコンテストに自己のバンドで決勝大会出場。 現在は都内のジャズクラブでライブ活動、セッションホスト、サポートなど精力的に活動中。

新春尺八コンサート

バンブルーフルートオーケストラのメンバーとしてメジャーデビューしたばかりの尺八奏者 柴香山がピアニスト門田裕美とのデュオでお届けする新春ライブは春の息吹を感じる尺八の音色。邦楽にとらわれずポップスやオリジナルを尺八の音色に載せて演奏します2019年1月12日(土曜日)19:30~/20:30~柴香山 尺八門田裕美 ピアノ(テーブルチャージ1000 ツーオーダー制

ミュージックチャージ 投げ銭 入れ替えなし)■柴 香山(尺八) 埼玉県出身。幼少よりピアノを始め、高校ではピアノを大学では声楽を専門に学ぶ。大学在学中、尺八と出会いプロの道を志す。在学中よりピアノと尺八のユニットを結成し、ライブハウスを中心に演奏活動を始める。演奏活動の傍らオリジナル曲の作曲にも励みCDを多数作成。様々なジャンルのアーティストとコラボレーションし、これまでに五木ひろし、因幡晃、大石まどか、杜このみ、三山ひろしと共演。また、学校での講演や介護施設での慰問演奏などにも尽力している。ピアノを栗田直美、三村則子各氏、声楽を佐々木伸氏、お囃子を岡田民昭氏、尺八を藤原道山氏に師事。日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業。都山流尺八楽会師範試験首席登第。柴音楽教室主宰。オーケストラアジア ジャパン団員公益財団法人都山流尺八楽会会員テレビ、ラジオ等多数出演。2018年バンブーフルートオーケストラとしてメジャーデビュー門田 裕美 Yumi Kadota(ピアノ/作編曲)
東京音楽大学ピアノ科卒業
2005年オーストリア・ウィーン国立音楽大学・マスタークラスディプロマ取得
第27回ピティナ・ピアノコンペティション・グランミューズ部門全国大会「優良賞」
第8回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール「大学生部門」 第三位受賞
第7回RMSファンタスティックピアノコンクール関東大会 一般の部「優勝」
第10回RMSファンタスティックピアノコンクール決勝大会一般の部「優秀賞」
2006年~2010年丸ビル35コンサート、新丸ビルアトリウムコンサート、
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭のエリアコンサート、
丸の内音楽イベントなどに出演。
ピアノを鷲見加寿子・後藤美由紀・丹内真弓、
JAZZをBruce Stark、作編曲を篠田元一各氏に師事。
クラシックからジャズ/フュージョン、ポップスなど幅広い音楽性で演奏し、
また自身ユニットのオリジナル楽曲作成、子供向けピアノ作品、
楽曲提供等様々なシーンで活動。
2011年よりクラシカルポップスユニットを結成し、
現在ピアノ&オカリナ、フルーティスト西村菜美とのデュオユニット「ゆみなみ」、
尺八&ビオラ&ピアノトリオの「紗詩衣」のメンバーとして関東近郊を中心に
活動し日本のみならず海外での演奏も行う。
今までにオリジナル曲を収録した自身のアルバム他、CDを多数制作Jazz&Bar ATTIC(ジャズバー アティック) 板橋区坂下2-14-17 03-6677-7519

ジャズライブ1月5日(土)石渡雅裕、かむろ耕平

2019年新年最初のジャズライブは目の覚めるような技巧派ピアニストとギターリストのデュオから始まります。2019年も良質なライブミュージックをたくさんご用意してお客様をお待ち申し上げます。2019年1月5日(土曜日)19:30~/20:30~石渡雅裕(ピアノ)かむろ耕平(ギター)(テーブルチャージ1000 ツーオーダー制

ミュージックチャージ 投げ銭 入れ替えなし)石渡雅裕

1989年12月27日生まれ。10歳から4年ほどクラシックピアノを習い、大学入学とともに東京理科大学モダンジャズグループに所属し、ジャズの演奏を始める。在学中よりプロ活動を開始し、都内や横浜を中心に演奏。


かむろ耕平
1984年、東京生まれ。 中学2年の時、アコースティックギターを始め、その後ロックに傾斜。 バンド活動のかたわらヤマハ音楽教室で基礎の音楽理論やアドリブを学ぶ。 高校3年生の時、Berklee College of Music(バークリー音楽院)の奨学金を得、卒業後渡米。 在学中は、ジャズの即興演奏を中心に、Hal Crook、Dave Santro、Sheryl Bailey、Bruce Saundersの各氏に学ぶ。 卒業後2年間、ニューヨークでセッション活動を行い、さまざまなミュージシャンと共演。 2009年、帰国。 現在、都内を中心に自己のバンドでジャズ系のライブ活動を行っている。 将棋の対局観戦が大好きで、ときにギターの練習を忘れる。 【お問い合わせ】 ATTIC(アティック) 板橋区坂下2-14-17 03-6677-7519 www.cafeattic.net

ジャズライブ12月29日(土)下田雄人、中藤孝二

018年5月19日(土) 19:30~/20:30~ 下田雄人(ギター) 中藤孝二(ギター) (テーブルチャージ1000 +2オーダー 入れ替えなし、ミュージックチャージ 投げ銭) 下田 雄人  ギター 学生時代はROCKを中心に活動。高嶋宏氏に師事。05年宝塚歌劇団で演奏。12年練馬文化センター大ホールにて、下田雄人グループとして出演。ジャズ、FUNK,R&B、FUSION等ジャンルを選ばないプレイで多方面で活躍中。15年ギターリストAllen hinds(スティーヴィーワンダーのバックミュージシャン)と共演、またピアノmartin musaubachのjapan tourにも参加している。同年自己のグループで台湾ツアーなども行う注目のギターリストである。また、アレンジャー、コンポーザーとして大沢たかおのDVDにおいて、作曲/アレンジ/演奏を手掛ける。国内線JALのBGMなどにも曲を提供。 中藤孝二(ギター)
1985年生まれ。立教大学卒業。大学在学中よプロ活動を開始。中学でロックやブルースギターを始め、その後ジャズやR&Bに傾向。高校ではクラシックギターも修得する。ジャズギターを杉本喜代志氏に、クラシックギターを安達常一氏にそれぞれ師事。現在は自身のリーダーカルテットで精力的に活動する傍ら、ダンスミュージックバンドのGUSHや、ジャズビッグバンドの向井志門 & The Swingin’ Devils のメンバーとしても活躍中。

【ご予約・お問い合わせ】 Jazz Bar ATTIC(ジャズバーアティック) 03-6677-7519 東京都板橋区坂下2-14-17


親子で楽しむジャズコンサート12月28日(金)

冬休み特別企画、今回の親子で楽しむコンサートはお昼です。冬休み中の小学生も気軽に参加できるように夕方3時から演奏開始!騒いでもOK 小学生以下無料!のスペシャルライブです。是非親子で参加してください。0歳児もOK!2018年12月28日(金)15:00/16:00ウォルフィー佐野 サックス、ギター 他石渡雅裕 ピアノウォルフィー佐野 ジャズミュージシャン、シンガー、ユニバーサルインプロバイザー、ミュージックコミュニケイター。 先天性の全盲、17歳の時留学先のテキサスでジャズに出会い、即興演奏の楽しさを知る。一時帰国の際鍼灸マッサージ師の国家資格を取得後、再渡米。 ボストンのバークリー音楽大学で、選考のアルトサックスのほか、ギター、パーカッション、ボイストレーニング、四季報などを学び、その後ニューヨークにて数々のセッションを経験。 サックスやギターを中心に、各種管弦楽・弦楽器・打楽器・鍵盤楽器を駆使した、ジャンルを超えたあらゆる音楽で、スタイルのとらわれない独創的な即興演奏を展開。 生涯音楽(ライフロングミュージック)を提唱し、世界中のすべての人をミュージシャンにすることが夢と語るその言葉は熱く、優しい。 趣味は誕生日占い。 石渡雅裕 1989年12月27日生まれ。10歳から4年ほどクラシックピアノを習い、大学入学とともに東京理科大学モダンジャズグループに所属し、ジャズの演奏を始める。在学中よりプロ活動を開始し、都内や横浜を中心に演奏。 【お問い合わせ】 ATTIC(アティック) 板橋区坂下2-14-17 03-6677-7519

アティッククリスマススペシャルコンサート12月23日RURI×原ゆうま

12月はクリスマススペシャルとしてとっておきのミュージシャンをたくさんご用意しましたが23日は見逃せないデュオライブになります。2017年に日本での活動を始めたRuriはこの一年で驚くほどの注目を集め、2019年には間違いなく今以上の注目を集めることになるでしょう。共演するギタリスト原ゆうまも今年リリースしたアルバム「The Days」もスマッシュヒットを放ちその楽曲が入ったコンピレーションはイギリスのチャートにも入るほど海外でも高く評価されているほどの実力のある若いミュージシャンです。そんな二人の素晴らしいクリスマスライブ。是非ご堪能ください!2018年12月23日(日)19:30~/20:30~RURI ヴォーカル原ゆうま ギター(テーブルチャージ 1000 +2オーダー

 ミュージックチャージ 投げ銭 各回入れ替え無し)(RURI)松村瑠璃 ニューヨークに本拠を置く日本のシンガーソングライターである。 3歳から日本舞踊をはじめ舞台芸術を学び、リズムとストーリーテリングで舞台芸術の分野を開拓し 2012年に楽曲『シーラカンス』などを制作、発表する。 翌年、バークリー音楽大学に入学、Contemporary Writing and Production学科を専攻し、ボーカルをGabrielle Goodman、Jeff Ramsey、ピアノをGoerge Russsell Jr.などに師事。作詞をPat Pattisonなどに師事する。卒業後ニューヨークに移住し、シンガーソングライターとして活動する。 2017年10月より東京に初進出、現在、東京、アメリカを舞台にボーカリスト、作詞家、作曲家として、インディーズ、メジャーの様々なアーティストの作品に関わりながら、演奏活動を行う。 唯一無二の声と、幼少期からの文学、言葉への熱意を作詞に昇華し、歌詞の光景に合わせて様々なジャンルを行き来するアーティスト。 シンガーソングライター、作詞家として、様々なミュージシャンやプロデューサーとコラボレーションすることにより、ユニークなスタイルを獲得し、心に触れるミュージシャンとして、海外においても高い評価を受け、現在に至る。 原ゆうま

神奈川県横浜市生まれ  父親の影響でギターを手にし,中学生から都内のスモールクラブのジャムセッションに通い,ギターの他ベースやドラムなど様々な楽器に親しむ。東京音楽大学付属高校への進学をきっかけに本格的に音楽を習い始め,在学中はクラシックギターを専攻。卒業後同大学へ進学。  2014年に渡米。Boston の Berklee college of music に入学。同大学の教授でありギタリストである Jeff Lockhart の誘いで老舗ジャズクラブ Wally's Cafe へ通い度々飛び入りで演奏。ギターの腕を買われ学生にも関わらず,火曜日レギュラーメンバーに迎え入れられる。  他,様々なクラブでの演奏活動と並行し多数のスタジオワークをこなす。約三年間の渡米期間中に自身の参加したCDアルバムが5枚,アナログレコードが2枚リリースされる。  Bostonでの生活を経て現在は東京にある Uplift Studio Japan を拠点に音楽制作,レコーディングをこなし日本国内に留まらずアメリカ,アジア諸国からも音楽制作依頼を受け自身のサウンドを輸出。またギターの腕を日本ポップシーンに見出されツアーギタリストとしてDEAN FUJIOKA、Little Glee Monsterに同行。  幼い時から培ったBluesフィールを基盤にR&B,Soul,Funkなどブラックミュージックに造詣が深く,Latin,Rock,Classicなど幅広い音楽スタイルに対応。近年は様々なボーカリストのプロデュースを手がけるなどアレンジャー/プロデューサーとしての手腕も発揮している。  父はギタリスト原とも也,祖父はシャープス&フラッツリーダー原信夫。【ご予約・お問い合わせ】 Jazz Bar ATTIC(ジャズバーアティック) 03-6677-7519 東京都板橋区坂下2-14-17 www.cafeattic.net