ジャズライブ10月27日(土)武田和大サックス、田中裕一ギター

サックスとギター、王道ジャズを進むのかと思いきや、、、

夜が更けるにつれ、おかしな方向へ、、、

そんなジャズ界のフランクザッパこと田中のギターと、ヴィンテージラッカーのサックスの鈍い光

これ以上は自分の目で、耳でお確かめください。

おじさんが泣くやつやで


2018年10月27日(土)

19:30~/20:30~


武田和大 サックス フルート

田中裕一 ギター エフェクト


(テーブルチャージ 1000+2オーダー ミュージックチャージ 投げ銭 各回入れ替え無し)


武田和大 _ Kazuhiro TAKEDA _ Sax (S,A,T,B), Fl, Cl, BCl, Recorder, Ocarina, Arr, Comp.

1967年9月19日、東京生まれ。 '88年ばちかぶり'90年にボストンでジョージラッセルorch.に参加。帰国後はハモニゴン・QUADRA・T.P.O.などでライブを重ねつつ大衆演劇からパンクまで神出鬼没。ケムリ・Jazztronik・EZ-band等を経て現在は東京キューバンボーイズ・Serendipity18・ハバタンパ・砂田知宏BB等に参加。Act Against AIDS武道館会場ホストバンド IDOLにも2001年より参加。'06年ドデカコルドン名義でアルバムを発表。近年の代表的な編曲と演奏はm-flo with Double&TOKUの『Life is Beautiful』やJazztronikへの管アレンジなど。松本孝弘のグラミー受賞作にも参加。演劇集団キャラメルボックスのサントラではオカリナ、リコーダーでもお馴染み。CMなどへの作・演奏も多くどこかで聞いているかも。最近はテレビドラマ『相棒』season10 第6話や紅白歌合戦など出演でお茶の間的進出も。幾つかの出版社からのSaxアンサンブル譜のみならず生管楽器の佳さを広めるのがライフワーク。管楽器愛好家向け雑誌(楽器族ブラストライブ、The Sax、Sax & Brass Magazine)での連載と寄稿や『アルトサックスで一発芸』(シンコーミュージック刊)も好評。 2011年の東日本大震災をきっかけに【楽器forKids】という復興支援チームを起ち上げ、被災地の子供達に休眠楽器を届ける活動を続け、2012年3月には浜離宮朝日ホールで被災地から子供達を招聘したコンサートをWindBandForGreen・コンサートプロモーターズ協会と共催し司会を務める。 福島の子供達の未来を支える基金作りのためのレーベル、フクシマレコーズでも中核アーティストとして参画。


田中裕一

 音楽を東京・ボストン・ニューヨークにて学ぶ。 2011年 1stCDアルバム"A HILL OF THE SUN" [WNCJ-2220/What's New Records]を発表。 A HILL OF THE SUN Group w/ジェイコブ・コーラー(Piano)織原良次(Fretless Bass)樋口広大(Drums) 2012年 千葉市・千葉市長より「千葉市芸術文化新人賞」受賞。 2014年 "KING RECORDS"より「2アルバム同時リリース」でメジャーデビュー。 ・CDアルバム[I'm Happy, Walking down "jalan".] ・ネイティブDSD(5.6kHz)録音 ハイレゾ配信アルバム[Edo]の2タイトル。 I'm Happy, Walking down "jalan". Group w/松岡美弥子(鍵盤ハーモニカ/Piano)大谷訓史(Bass)服部マサツグ(Drums) ※2タイトルとも同メンバー。 その他にもCD作品のリリース多数。 ※詳しくは □■DISCOGRAPHY 2016年7月 OSAMU MATSUMOTO & LADIES BELONG TO HORNY FUNK GANG にて、FUJI ROCK FESTIVAL '16出演。 2018年7月26日、初の教則本。 奇々怪々な難関ジャズ・メソッド、スーパーインポーズの最終兵器 「ネガティヴ・ハーモニーをギターで攻略(CD付)」


ATTIC(アティック) 板橋区坂下2-14-17 03-6677-7519

ATTIC

ATTIC(アティック)は 音楽とアートをコンセプトにした、ジャズバーです。 毎週土曜日ジャズライブ開催中。 東京都板橋区坂下2-14-17 03-6677-7519 営業時間 19:00~24:00(火~金) 18:00~24:00(土・日) (月曜日定休)